長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化する方法

長寿遺伝子を活性化する方法は、
カロリー制限です。

栄養素など必要なミネラル分は制限せずに
炭水化物・脂質・タンパク質など
カロリーを持っているもの
全体を圧縮します。

カロリー制限が老化を遅らせます。

カロリー制限の目安は腹7分目です。

長寿遺伝子をONにする
もう一つの方法は、
レスベラトロールです。

レスベラトロールは、赤ワインやリンゴの皮などに含まれる
ポリフェノールの一種です。

皮ごと食べないと
レスベラトロールは摂取できません。

また、赤ワイングラス1杯に含まれるレスベラトロールの量は
そのブドウの産地や品種によっても大きく異なりますが、
ワイン1ℓの中に0.2㎎~5.8㎎含まれています。

ワイン1杯=100CCと換算した場合、
レスべラトロール量は0.02㎎~0.58㎎となり、
5㎎のレスべラトロールは8.5~250杯に相当します。

そんなに飲めるわけがないですよね。

また、赤ワインには当然アルコールが含まれておりますので
健康のためにはサプリメントなどで補うことがおススメです。

ジュネスグローバルの「リザーブ™」にはレスベラトロール 186mg 含まれています。
ビューティーエイジングをサポートするマルベリーやブルーベリーなどのベリー果実をぎゅっと濃縮した、おいしいジェル状サプリメントです。

p-reserve-150

詳細はこちら
ジュネスグローバル リザーブ

 

 

ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

 

 

コメントを残す




CAPTCHA